ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 移住・定住情報 > 子育て・教育

本文

子育て・教育

印刷ページ表示 更新日:2021年6月28日更新

子どもたちは町の宝です

保育所の子どもたちの写真       保育所の子どもたちの写真

 高齢化が進む金山町にとって、子どもたちは大切な宝です。金山町では「金山町少子化対策推進条例」を制定し、少子化対策に取り組む目的や理念を明確化しました。また、「奥会津金山学びの18年」として生まれてから18歳までの期間、子どもの成長を支援する環境を整備する事業や「地域一体型ふるさと教育」による地域や学校施設間の連携を強化したふるさと教育の展開、「少子化対策推進事業」の実施等、町全体で子どもたちを温かく見守る取り組みをしています。

 子どもの人数が少ない分、ひとりひとりと丁寧に向き合うことができ、子どもたち全員が役割を持てることで自信や自立につながっていきます。詳細は下記のページをご覧ください。

金山町の少子化対策

 

子育て世帯への支援

 ・未就学児とその親を対象とした母子保健事業「はいはいクラブ」を毎月1回、1歳以上の保育所未入所児を対象とした「あそびにいらっしゃい会」を毎月数回開催しています。保健師や保育士による育児相談や身長・体重の測定を行ったり、ほかの保護者との交流の場となっています。

・金山町役場住民課内に「子育て世代包括支援センター」を開設しており、保健師による育児相談を随時行っています。

 

小学生・中学生への学習支援

・小学生を対象に放課後の遊び場等の提供として「放課後子ども教室」や休日の体験型学習及びレクリエーションを行う「こめらっこ広場」を実施しています。

・小学生と中学生を対象にスポーツ少年団の活動やスポーツ講習会、夏休み学習塾等の学習支援を行っています。

こめらっこ広場の写真     こめらっこ広場の写真

 

大自然の中で思い切り遊べます

 金山町は自然の中でのアクティビティが楽しめる一方で、実は子どもが遊べるような公園や屋内の遊び場がないのが現状です。子育て中の方々に休日の遊び場について聞いてみると、小学校の遊具や砂場で遊んだり、小・中学校や町民体育館のグラウンドに自宅から遊具を持って行って遊んでいるようです。

 しかし、大自然の中での遊びは金山町の得意分野です。夏は沼沢湖、冬はフェアリーランドかねやまスキー場、釣りにトレッキング、そして山や川、植物に昆虫など(たまに野生動物)すぐそこに魅力的な遊びのツールがあふれています。自然の中で遊ぶことは、子どもの五感の刺激になって良いことづくしですよ!ぜひお子様と一緒に泥だらけになって金山町での遊びを楽しんでください!

 

ミルクやオムツ等の子ども用品の購入について

 小さなお子様をつれて移住をお考えの方は、ミルクやオムツ、その他の子ども用品の購入場所について気になるかと思います。現時点では、金山町内に取扱店舗はなく、最寄りのホームセンターやドラッグストア(いずれも車で約40分)まで行かないと購入できません。通信販売や休日のお出かけの際に忘れずに購入しておきましょう。

◎オムツにつきましては、金山町国民保険診療所隣のコスモ薬局と会津川口駅構内の観光情報センターにて、メーカーとサイズが限られていますが数枚入のものを購入できます。

金山町の保育所/学校

保育所

▼川口保育所

川口保育所

住所:福島県大沼郡金山町大字川口字金洗道上1546-1
Tel:0241-54-2822
定員:30名

▼横田保育所

横田保育所

住所:福島県大沼郡金山町大字横田字古町691
Tel:0241-56-4140
定員:30名

川口保育所・横田保育所HP

小学校

▼金山小学校

金山小学校

住所:福島県大沼郡金山町大字川口字馬場324
Tel:0241-54-2251

金山小学校HP<外部リンク>

▼横田小学校

横田小学校

住所:福島県大沼郡金山町大字横田字上原1070
Tel:0241-56-4800

横田小学校HP<外部リンク>

中学校

▼金山中学校

金山中学校

住所:福島県大沼郡金山町大字川口字谷地400
Tel:0241-54-2337

金山中学校HP<外部リンク>

高等学校

▼福島県立川口高等学校

川口高校

住所:福島県大沼郡金山町大字川口字蛇沢2434-2
Tel:0241-54-2154

福島県立川口高等学校HP<外部リンク>


ページの先頭へ

〒968-0011 福島県大沼郡金山町大字川口字谷地393

電話:0241-54-5111 Fax:0241-54-2117

© 2021 Kaneyama Town