トップページ > 組織で探す > 復興政策係 > 金山町ふるさと応援寄付金を募集

金山町ふるさと応援寄付金を募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月2日更新
 金山町は、昭和35年の10,119人をピークに年々人口が減少し、現在の人口は1,887人(令和3年4月1日時点)とピーク時の5分の1にまで人口の減少が続いています。
 過疎と高齢社会が進み、集落の維持さえも困難な地区が現れている現実もありますが、町に住み続けている私たちは、みなさんの想いの残る“美しい故郷を後世に伝える義務がある”と考えています。先人が守り、そして育て、我々に託してくれた豊かな自然環境や地域資源、歴史、文化、伝統を未来の町の担い手に引き継いでいきます。
 私たちは、町がもつ魅力や潜在的にある資源を活用して地域の活性化を進め、未来に向けての町づくりを行うため、みなさんからの寄付金を募集しています。どうぞ、ふるさと納税制度をご活用いただき、あなたのふるさと金山町を応援してください。
 私たちは、それぞれの町への想いに応えるために、今後も努力を続けていきます。

名称

金山町ふるさと応援寄付金(ふるさと納税)

概要

寄付者が個人の場合

 寄付金額のうち、自己負担額である2,000円を超える部分について、翌年に確定申告を行うことにより、お住まいの市区町村へ納入する住民税所得割や所得税から税額が控除される仕組みです。想いのある自治体に寄付をすることで、自治体の地域振興への手助けになるだけでなくご自身の税額控除も受けられる制度となっております。
 また、平成27年4月からは制度が拡充され、さらに活用しやすくなっています。

寄付者が法人の場合

 ふるさと納税制度とは別の寄付控除制度が適用されることとなりますが、寄付して頂くことは可能です。法人税額の算定上、寄付金を支出した事業年度で全額損金算入できます。

返礼品について

 金山町では、ふるさと納税として5,000円以上ご寄付いただいた方に返礼品をご用意しております。
※1回のご寄付につき、1つの謝礼品を進呈しておりますが、寄付金額により返礼品を複数お送りすることも可能です。
複数個を希望される場合は、申し込みの際にその他欄にご記入ください。

金山町特産品セット(寄付金5,000円以上のコース)

丹精込めて作った漬け物や伊勢志摩サミットで使われた天然炭酸水、金山でしか採れない奥会津金山赤カボチャを使った

ようかんなどの金山町の特産品を詰め合わせました。

金山町特産品(写真はイメージです)

※中身は季節等により変更になる場合がございますのでご了承ください。

 

大源流米5キロ(寄付金10,000円以上のコース)

金山町の農家が生活雑排水が入らない水を利用し、丹精込めて育てた自慢のお米です。

ふるさと納税2

 

奥会津金山大自然米(寄付金5,000円、10,000円、15,000円以上のコース)

日本有数の豪雪地帯である金山町の豊富な雪解け水を使用し、丹精込めて育てあげたふっくら美味しいお米です。

ふるさと納税6

 

奥会津金山天然炭酸の水(寄付金5,000円以上のコース)

2016伊勢志摩サミットや2018大阪サミットの卓上水として採用された天然炭酸水です。自然の炭酸をお楽しみください。

ふるさと納税3

 

味わい味噌・赤カボチャ塩ジャムセット(渡部麹屋)(寄付金10,000円以上のコース)

金山町産の「かおり枝豆」、「あやみどり」と「奥会津金山天然炭酸の水」を使って仕込んだ味噌と

金山町の特産品「奥会津金山赤カボチャ」を使用した塩ジャムのセットです。

渡部麹屋商品

 

日本みつばち天然はちみつ【百花蜜】(寄付金10,000円以上のコース)

希少な日本みつばちから採取した天然はちみつを3個セットで用意しました。

※今年度の受付は終了しました(令和2年12月17日)※

はちみつ

 

奥会津金山町えごま油(寄付金13,000円以上のコース)

非加熱で搾油した無添加えごま油を3本セットで用意しました。

えごま油

 

金山どら焼き(6個入)(寄付金5,000円以上のコース)

金山町の特産品「奥会津金山赤カボチャ」を使用した餡がたっぷりつまった金山町ならではのどら焼きです。

金山どら焼き

 

栗どら(5個入)(寄付金5,000円以上のコース)

どら焼きの皮は、金山町の特産品「奥会津金山天然炭酸の水」で仕込んでいます。

大粒の栗とたっぷりの餡子がおいしい昔ながらのどら焼きです。

栗どら

 

またたび細工(寄付金15,000円以上のコース)

町内の名人が自然のまたたびを使い丁寧に模様を編み込んだ浅ざるです。(内寸約18センチメートル。)

※在庫に限りがありますので予めご了承ください。

ふるさと納税4(写真はイメージです。)

ふるさと応援寄付金の方法について

金山町では、次の方法で寄付金の払込みができます。

(1)クレジットカード決済(GMO)
(2)郵便振替(郵便局・ゆうちょ銀行)
(3)銀行振込
(4)現金書留
(5)金山町役場で現金にて寄付を行う。

ふるさと応援寄付金の払込み方法について

(1)クレジットカード決済
1.お申し込み・お支払い
(注意)現在、クレジットカード決済(Yahoo!公金支払い)は取り扱っておりません。
こちらの申込フォームからお申込ください。別ウィンドウで、外部サイト「ふるさとチョイス」内の金山町ふるさと納税申し込みフォームが開きます。
ふるさとチョイス
お申し込み完了後、カード番号等をご入力いただき、お支払い手続きを行ってください。

クレジットカード決済でご利用可能なカード会社は次のとおりです。
・Mastercard  ・VISA  ・JCB  ・Diners  ・American Express
クレジット画像

(2)から(5)のお申し込み・お支払いの流れについて。ふるさとチョイスのサイトからもこのお支払い方法を選択することもできます。

  1. 下記申込用紙に必要事項を記入していただき、郵送、FAX、メール、入力フォームにて金山町役場まで送付またはお持ちください。
  2. (2)~(4)のお支払い方法を希望される場合は金山町役場より、振込先のご案内を送付いたします。(5)のお支払い方法を希望される場合は金山町役場の3階にある復興観光課までお越しください。
  3. 振込が確認され次第、金山町役場より寄付金証明書等を送付いたします。(5)のお支払い方法の場合も後日寄付金証明書等を送付致します。

申込書送付先

〒968-0011 福島県大沼郡金山町大字川口字谷地393
復興観光課内 ふるさと応援寄付金 係
電話:0241-54-5203
FAX:0241-54-5335
e-mail:Fukkou@town.kaneyama.fukushima.jp

ふるさと応援寄付金の活用事例・寄付金額

本町の「ふるさと応援寄付金」に多大なるご寄附をいただき、心より御礼申し上げます。

寄付金は、下記の事業に活用させていただきました。

平成24年度分
 ・JR只見線応援復旧事業
 ・道路、花壇等美化事業
 ・道の駅維持管理事業
 ・沼沢湖水まつり、ごっつおまつり運営費
 ・図書購入事業

平成25年度分
 ・保育所運営費
 ・只見線景観改善事業
 ・川口高校学生寮運営事業
 ・沼沢湖水まつり、ごっつおまつり運営費
 ・町営バス運営事業

平成26年度分
 ・JR只見線復旧応援事業
 ・老人日常生活用具給付事業
 ・景観形成作物植栽事業
 ・酒米生産振興補助事業
 ・道の駅維持管理事業
 ・地域一体型ふるさと教育事業

平成27年度分
 ・インフルエンザ予防接種扶助事業
 ・漁業協同組合支援事業
 ・地域の魅力向上応援事業
 ・地域一体型ふるさと教育事業

平成28年度分
 ・予防接種扶助事業
 ・漁業協同組合支援事業
 ・妖精の里商品券事業
 ・地域一体型ふるさと教育事業

平成29年度分
 ・妖精の里商品券事業
 ・インフルエンザ予防接種事業
 ・水産業振興事業
 ・地域一体型ふるさと教育事業

平成30年度分
 ・自然環境保全事業
 ・地域の魅力向上応援事業
 ・地域一体型ふるさと教育事業

令和元年度分
 ・只見線活性化事業
 ・地域一体型ふるさと教育事業
 ・町景観整備事業

また、ふるさと納税の今までの寄付金額は以下のとおりです。                           
年度寄付金額寄付件数
平成20年度2,090,000円23件
平成21年度1,432,000円28件
平成22年度1,865,000円33件
平成23年度2,389,000円33件
平成24年度1,960,000円48件
平成25年度4,974,000円64件
平成26年度3,148,000円80件
平成27年度2,177,000円64件
平成28年度2,704,000円62件
平成29年度3,580,817円98件
平成30年度5,600,000円339件
平成31年度5,930,000円351件
 令和2年度8,486,500円588件
  

ふるさと納税制度の拡充

平成27年4月からふるさと納税制度が変わりました!

平成27年度からは、ふるさと納税制度が改正され、さらに身近な制度になりました。

【改正点1】
特例控除額の上限が個人住民税所得割額の約1割から約2割に拡充されました。

【改正点2】
もともと確定申告が不要な給与所得者等の場合、寄付先が5団体までであれば確定申告が不要になりました。
(ふるさと納税ワンストップ特例制度)
なお、この特例を受ける旨の申請書をふるさと納税をする自治体へ提出する必要があります。

※2016年1月以降に寄附をされ控除を受ける際は、個人番号の記入と個人番号確認の書類を添付していただくようになりました。

詳細については、こちらの総務省のページをご覧ください。

ふるさと納税ワンストップ制度を活用される場合は、下記の申請書をご提出いただく必要があります。

記入方法が分からない場合は、担当係までお問い合わせください。