国民健康保険税

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月1日更新

納める人

金山町内に住所のある人で社会保険など他の医療保険に加入していない人は、原則として国民健康保険加入者になります。国民健康保険税では、各収入や人数等に応じて世帯ごとに計算し、世帯主がその世帯の保険税をまとめて納めることになります。
世帯主が職場の健康保険に加入している場合でも、世帯に一人でも国民健康保険の加入者がいれば納付の義務者は世帯主となります。

国民健康保険税の算出

国民健康保険税は、毎年4月から翌年の3月分までを年間の保険税として計算しています。年間の保険税は、世帯内の国民健康保険に加入されている被保険者それぞれの所得割・資産割・均等割を計算しその世帯で合算し、平等割を加えた額になります。
また、40歳~65歳未満の加入者(介護保険第2号被保険者)は介護分を合算した額が年間の保険税となります。年度の途中で総所得額等が変更したり、加入者の数が変わったときなどは、再度計算しなおします。

軽減

世帯主(世帯主が被保険者でない場合も含む)及びその世帯の国民健康保険の被保険者の総所得金額の合計が基準以下の所得の額に応じて均等割と平等割が軽減されます。

非自発的失業者の軽減

平成22年4月から倒産・解雇による離職者を対象に国民健康保険が軽減されました。
軽減を受けるには、届出が必要です。届出の詳しいことは住民税務係までご連絡ください。

納付について

国民健康保険税は、5月から翌年2月の年6回でお支払いいただきます。5月に送付する1期は仮算定といい、仮に計算した税額です。
これは、年度当初には前年総所得金額が確定しておらず、所得割の基礎となる額が決定できないため、前年度の保険税の6分の1をお支払いいただくものです。7月に送付する2期~6期を本算定といい、前年総所得金額を基礎とした年税額を算出し、仮算定との差額を精算、調整します。

特別徴収

特別徴収とは、年金給付額からあらかじめ国民健康保険税が徴収されるものです。
特別徴収の対象となる方は、次の3つの条件をすべて満たす世帯の世帯主です。
  1. 世帯主を含む(擬主を除く)国保被保険者全員が65歳以上75歳未満の世帯主の方
  2. 世帯主が年間18万円以上の年金(障害年金、遺族年金を含む)を受給している方
  3. 国保税と介護保険料の合計額が年金受給額の2分の1を超えない方