霧幻峡の渡しについて

ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

印刷ページ表示 更新日:2021年3月31日更新

霧幻峡の渡しについて


金山町三更地区では、かつて、生活の足として只見川を渡る「手漕ぎの渡し舟」を利用していました。

その渡し舟が「霧幻峡の渡し」の名称で現代によみがえりました。

情緒ある「手漕ぎの渡し舟」と、夏場に現れる「川霧」を始めとする只見川の川面から眺める風光明媚な景色は、現在、国内外から高い注目を集めております。

※2021年は4月17日(土)から運行を開始します。

「霧幻峡の渡し」の運行は金山町観光物産協会が行っています。(御利用の場合は事前予約が必要です。)

運行情報、料金、アクセス等については、以下の添付ファイルを御覧ください。

霧幻峡の渡し1

霧幻峡の渡し2

霧幻峡の渡し3

霧幻峡の渡し4

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ