山ノ内屋敷跡(やまのうちやしきあと)

ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

印刷ページ表示 更新日:2020年12月11日更新
山ノ内屋敷跡(やまのうちやしきあと)の写真

所在

金山町大字横田字居平658番地1、659番地1、659番地5~18

説明

 中世約400年にわたってこの地を支配し、「会津四家」と呼ばれた山ノ内氏の居館の一つである。「新編会津風土記」によれば、東西52間(約94m)、南北43間(約77m)、三方の土塁と深田堀で囲まれていたという。

ページの先頭へ