玉縄城跡(たまなわじょうあと)

ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

印刷ページ表示 更新日:2021年1月14日更新
玉縄城跡(たまなわじょうあと)の写真

所在

金山町大字川口字上岩下

沿革

 天文13年(1544)山ノ内俊清が俊甫とともに築いた城館。二の丸の端には古峰原神社が祀られ、祭日には大きな梵天が奉納された。

玉縄城跡トレッキングコース

 山頂のビューポイントからはJR只見線、会津川口駅や只見川にかかる上井草橋、JR只見線第6橋梁や本名ダムなどが望めます。

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ