宮崎式弥生土器(みやざきしきやよいどき)

ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

印刷ページ表示 更新日:2020年12月11日更新
宮崎式弥生土器(みやざきしきやよいどき)の写真

所在

出土場所

宮崎遺跡 金山町大字中川字居平1886(只見川の右岸、第一河岸段丘、国道252号と只見川の中間)

保管場所

金山町大字中川字上居平(こぶし館、収蔵庫)

説明

 多量の弥生式土器、破砕された菅玉、独古石(祈りの道具)、磨製石斧などがみつかっている。弥生時代の祭祀遺跡の一種とみられる。

ページの先頭へ