ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者 > 地域密着型サービス等事業者 給付費算定関係様式

本文

地域密着型サービス等事業者 給付費算定関係様式

印刷ページ表示 更新日:2018年3月22日更新

地域密着型サービス等事業者 給付費算定関係様式

地域密着

地域密着型サービス等事業者の給付費算定にあたって、サービス種類ごとに、一定の要件を満たしている事業所は、介護給付費算定に係る体制等に関する届出を行うことにより、各種加算を算定できます。
 必要書類については、次のファイルよりダウンロードできますのでご活用ください。
 また、加算が算定できない体制になったときには、その旨をすみやかに届出てください。
 事業所の職員の配置が一時的に指定基準を下回る等、介護給付費の減算要件に該当する場合も届出が必要になります。必要書類は加算計上の届出と同様の書類となります。 
 地域密着型通所介護は、毎月15日までに届出があれば翌月から加算を算定できます(15日をすぎてから届出された場合は翌々月からの算定となります)。
 認知症対応型共同生活介護については、毎月1日に届出があればその月から、2日以降の場合は翌月から加算が算定できるようになります。



 ■提出部数 2部(町、会津保健福祉事務所)

必要添付書類については下記の一覧を参照してください。

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ

〒968-0011 福島県大沼郡金山町大字川口字谷地393

電話:0241-54-5111 Fax:0241-54-2117

© 2021 Kaneyama Town