トップページ > 組織で探す > 保健福祉係 > 身体障害の認定について

身体障害の認定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月1日更新
身体障害者の方は、身体障害者手帳の交付を受けて下さい。
身体障害者手帳をお持ちになりますと、様々な福祉制度を利用することができます。
障害の程度により1~7級に分かれています。

身体障害者手帳の交付申請

県知事指定医師の診断書及び意見書、写真(横3cm×縦4cm)、印鑑、(変更届け出の場合現在の身障手帳)を持参し担当まで申請してください。
交付まで2週間程度かかります。

療育手帳、精神障害者保健福祉手帳

上記の知的・精神障害については、かかりつけの病院の指導により手続きしていただきます。

主な障害者福祉制度

重度心身障害者医療費助成 

心身の障害が重い方の負担された医療費を、後日役場より払い戻しする制度です。 該当者には、障害者手帳の等級により役場から申請案内をします。

更生医療

身体障害の部位に応じ、日常生活能力、または職業能力を回復若しくは 獲得させるために行う医療の給付です。(心臓ペースメーカーや人工関節手術など)

※病院の指示により手続きしていただきます。

補装具の交付・修理

身体障害者手帳に記載されている失われた機能を補う機器の給付です。 (義眼、眼鏡、補聴器、義手、義足など)

自立支援給付

障害者の程度や状態に応じ、介護保険と同じように居宅でのヘルパーによる 介護サービスや施設への入所等があります。

その他料金などの割引

自動車税の減免

車の購入時は購入店に、手帳交付時は役場に申し出る。

所得税控除  

所得の申告時に手帳を提示する。

JR運賃割引 

片道100km以上の場合、乗車券販売窓口で 手帳を提示する。

町営バス料金割引   

乗車券販売窓口で手帳提示する。

高速道路通行料割引  

障害者手帳にあらかじめ車種登録が必要です。

航空旅客運賃割引   

障害者手帳にあらかじめ登録が必要です。

NHK受診料減免   

収入状況によるので手帳交付時に案内します。