トップページ > 組織で探す > 農林係 > 【農業関係者の方へ】新型コロナウイルス感染症に係る支援策のご紹介

【農業関係者の方へ】新型コロナウイルス感染症に係る支援策のご紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月22日更新

主な支援策をご紹介します

 農林水産業に関係する新型コロナウイルス感染症情報、支援策等について、農林水産省と福島県からまとめて情報提供されています。

緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金(令和3年3月 経済産業省公表)

 経済産業省では、令和3年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に、一時支援金を給付します。
 農業者も対象となり得ます。

 ・緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の詳細(外部リンク)

 ・一時支援金事務局のホームページ(外部リンク)

 ご相談は次の窓口へお願いします。

 一時支援金事務局相談窓口
  ・TEL:0120-211-240

  ・IP電話等からのお問合せ先:03-6629-0479(通話料がかかります)

  受付時間:8時30分~19時00分(土日、祝日含む全日対応)

花き農家への支援(金山町単独事業)

 人が集まる行事などが中止・延期となり、花き市況が減退しているため、花き農家の営農継続が難しくなっている状況に鑑みて、営農の取組面積に応じた金額を上限として資材の補助を行います。(令和3年度事業)

 ※詳細は該当者に通知します。

 

金山町農業経営継続支援金について(金山町単独事業)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により大きな影響を受けている農業者に対し、農業経営の継続を支援し、次期作付けに向けて耕作を担っていただくため、支援金を交付しました。

※令和2年11月30日午後5時で申請を締め切りました。

 

経営継続補助金

 新型コロナウイルス感染症の影響を克服するために、感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を総合的に支援することによって、地域を支える農林業者等の経営の継続を図るための補助金です。

 ※実際の申請は「支援機関」(JAなど)と協力して進めることになります。詳細は、以下の農林水産省HPをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症対策については、以下のサイトもご覧ください