トップページ > 只見線関連情報 > 「只見線復旧嘆願ハガキ」活動のご報告

「只見線復旧嘆願ハガキ」活動のご報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月30日更新

「只見線復旧嘆願ハガキ」をJR東日本へお渡ししました

金山町では、只見線の早期復旧と全線存続を訴えるはがきを書いてもらう「只見線復旧嘆願ハガキ活動」を
行っています。これまでに町内956枚・県内150枚・県外135枚、合計1,241枚が集まりました。
「只見線は町の宝物」や「只見線が好き」というような只見線の復旧を願う賛同者の思いが集まっています。

この只見線への思いをのせた1,000枚以上のはがきを、6月25日に金山町役場に訪れたJR東日本本社・ 
経営企画部次長の森明氏へお渡ししました。
森氏を通じてJR東日本代表取締役社長の冨田哲郎氏に届くことになっていますので、只見線の全線復旧へ
の大きな1歩として期待しています。
 
JR東日本の森さんへハガキを渡す町長の写真
▲JR東日本の森氏へハガキを渡しました