トップページ > 組織で探す > 住民税務係 > 戦没者遺児による慰霊友好親善事業の実施について

戦没者遺児による慰霊友好親善事業の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月20日更新
 日本遺族会は、「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の参加者を募集しています。
 同事業は、厚生労働省から補助を受けて実施しており、先の大戦で父等を亡くされた戦没者の遺児を対象として、戦没した旧戦地を訪れ、慰霊追悼を行うとともに、同地域の住民と友好親善を図ることを目的としています。
 費用は、参加費として10万円です。
 5年を経過した方(平成22年以前参加者)は2回目の応募ができます。
 
 日程等の詳細は、下記連絡先までお問い合わせください。

 〈日本遺族会事務局03-3261-5521〉

 お申込は、お住まいの各都道府県へお願いします。

〈実施地域〉
(広域)
1.旧満州(終了) 2.旧ソ連(終了) 3.西部ニューギニア(終了) 4.マリアナ諸島(終了) 5.トラック・パラオ諸島(終了) 6.東部ニューギニア(1次)(終了) 7.ボルネオ・マレー半島 8.フィリピン(1次)(終了) 9.ソロモン諸島(終了) 10.ミャンマー(1次) 11.台湾・バシー海峡 12.東部ニューギニア(2次) 13.ミャンマー(2次) 14.フィリピン(2次) 15.中国

(特定)
1.西部ニューギニア 2.ビスマーク諸島 3.マーシャル・ギルバート諸島