トップページ > 組織で探す > 復興政策係 > 金山町の少子化対策

金山町の少子化対策

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月30日更新

大切な宝 かねやまの子どもたち

金山町では、重点課題の一つとして「少子化対策」に特に重点的に取り組んでいます。
特に近年は少子化が著しく、将来的な地域活力の低下が心配されます。

そんな中、昨年度「金山町少子化対策推進条例」を制定し、少子化対策に取り組む目的や理念を明確にしました。
今年度より、具体的に事業実施に取り組んでいます。

『かねやまの子どもたちは大切な宝』という共通認識のもと、既存事業の充実と新たな対策を行うことにしました。
以下が、金山町が実施する少子化対策事業の主なものの一覧です。


※ 金山町の少子化対策とは・・・
金山町で安心して子どもを産み育てることができ、金山町の子どもが健やかに成長することができる社会の実現に向けて行うすべての取り組みを指します。
具体的には、子どもや保護者への子育てに関する教育・児童福祉・医療支援のみでなく、定住・移住の促進、住宅対策、労働対策、生涯学習、若者の集う場など少子化に関連するすべての事業について指すものです。


金山町少子化対策推進事業一覧 [PDFファイル/212KB]

なお、以下の事業等については金山町ホームページ上で詳細がご覧いただけます。

結婚祝金
出産祝金
チャイルドシート等貸出
金山町奨学金制度
教育訓練給付金
工場等雇用奨励金
賃貸住宅生活支援
遠距離通勤生活支援
空き家・住宅改修補助
町営住宅

事業の実施や申請においては、各担当課担当係にお問い合わせください。

金山町少子化対策推進条例

金山町では、平成25年12月議会において本条例が制定され、少子化対策に専門的に取り組む体制を築きました。


金山町少子化対策推進条例

 

奥会津金山学びの18年

金山町では、特に幼少期から18歳までの期間において、子供の成長を支援する環境を整備していきます。

さまざまな、補助等による支援のほか、義務教育・高等学校教育等の授業内容にも工夫を凝らし、将来の金山町を担う人材の育成に努めます。


奥会津金山学びの18年(案内チラシ)
奥会津学びの18年(オモテ) [その他のファイル/408KB]
奥会津学びの18年(ウラ) [その他のファイル/348KB]
 

広報かねやま抜粋

広報かねやまでは、金山町の少子化対策について記事を掲載させていただいております。