妖精美術館

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月28日更新

妖精美術館

妖精美術館

 奥会津の森に囲まれた湖 「沼沢湖」 のほとりに、世界中の妖精が集まっています。
妖精美術館には、絵画、絵本、文学資料、人形、妖精をとり入れた小道具などがたくさんそろっています。
日本では数少ない妖精の館で、癒しのひとときをすごしてはいかがですか。

  • 所在地/968-0002 福島県大沼郡金山町大字大栗山字狐穴
  • 電話/0241-55-3180
  • 開館時間/9時~17時
  • 営業期間/4月27日~11月10日
  • 休館日/水曜日(祝日の場合は翌日)
  • 交通/電車利用(JR只見線会津川口駅よりタクシーで約20分)
  • お車の場合/磐越自動車道会津坂下ICより国道252号を只見方面へ
  • 入館料/大人 (高校生以上)300円 、小中学生 200円

観覧料(単位:円)

区分 個人 団体
一般 300 270
中学生・小学生 200 180
※団体とは、10人以上です。未就学児は無料です。

妖精美術館企画展

妖精たちの語らい ~5つの世界展~

妖精美術館企画展


当美術館で企画展を開催した5人の人形作家、戸田和子、よねやまりゅう、若月まりこ、小峰恵子、大竹京
の作品による5つの妖精たちの世界を同時に楽しめます。

山や湖を越え、金山の美しい妖精の館にお越しください。5つの妖精の輪で日頃の喧噪から離れ、癒やしの時をお過ごしください。

「妖精たちの群れは、馬を走らせる・・・
  山や湖を越え金山の美しい妖精の輪を・・・
 うつせみの心を空にして来なさい、
             逃れて来なさい」

(井村君江訳「ケルトの薄明―W.B.イエイツ」参照)