トップページ > 只見線関連情報 > お座敷列車・金山町民号が運行されました!

お座敷列車・金山町民号が運行されました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月21日更新
平成27年7月11日から一泊二日で、 “金山町民号~お座敷列車で行く湯野浜温泉の旅~” が運行されました。
たくさんの町民の方から申し込みをいただき、ありがとうございました! 旅行の様子を報告させていただきます。
 

旅行の様子

1日目(7月11日・土曜日)

 金山町(7時00分頃) ⇒ 只見駅(8時10分頃) ⇒ 新津駅(11時02分頃) ⇒
 サーモンハウス(昼食)、イヨボヤ会館⇒加茂水族館 ⇒ 湯野浜温泉「亀や」(17時00分頃)
 

お座敷列車・月 お座敷列車

▲11日(土曜日)只見駅をお座敷列車で出発!
 ピンクの月(GETSU)、パープルの風(FU)、グリーンの華(HANA)というカラフルな車体が山の緑と青空に映えていました。
 約3時間の車内では、車窓からの風景を楽しみながら参加者同士の親睦を深めました。
 
新津駅
▲新津駅到着! ここからはバスでの移動でした。

サーモンハウス外観 サーモンハウスの昼食 

イヨボヤ会館 見学する方々
▲まずはサーモンハウスで昼食を。鮭は焼きだけでなく刺身もありました!
 その後、鮭の博物館「イヨボヤ会館」を見学しました。
 

水族館の入り口 クラゲ裁判センター 

クラネタリウムの看板 クラネタリウム内部

▲鶴岡市の加茂水族館
 「クラゲってこんなに種類があるんだね」と、みなさん興味深く見学していました。
 クラネタリウムでのクラゲの展示は幻想的で、とてもきれいでした!

亀や外観 亀や入り口

亀や庭園 歓迎看板

▲湯野浜温泉の「亀や」は、すべての部屋から海が見えます!
 広い庭園もあり、朝の散歩はとても気持ちの良いものでした。

夕食の写真 夕日

▲夕食のメニューでは「庄内を巡る小さな旅」と題された小鉢料理に工夫が凝らされていました。
 宿から見える海に沈む太陽がとてもきれいで、みなさん写真などを撮っていました。
 

2日目(7月12日・日曜日)

 ホテル(8時30分頃) ⇒ 出羽の雪酒造 ⇒ 相馬楼(10時10分~11時20分頃) ⇒
 山居倉庫・夢の倶楽「芳香亭」(11時30分~12時40分頃) ⇒ さかた海鮮市場 ⇒ 鼠ヶ関 ⇒
 新津駅(16時40分頃) ⇒ 只見駅(19時39分頃) ⇒ 金山町(20時30分頃)
 
相馬楼の外観 舞娘さん
▲「舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓」では、酒田舞娘の踊りを観賞しました。
 舞娘さんたちは写真撮影に応じてくれるなど、とても気さくで素敵な方たちでした!
 
昼食のメニュー 
▲夢の倶楽「芳香亭」での昼食です。
 
山居倉庫の町並み 人力車
▲山居倉庫の町並みです。
 人力車も走っていたり、落ち着いた雰囲気で歴史を感じられました。
 
海鮮市場 海鮮市場を見学
▲海鮮市場では、この時期しか食べられないという岩がきを
 みなさんおいしそうに食べていました!
 
帰りのホーム 
▲もちろん帰りもお座敷列車です!
 お土産をたくさん持って乗り込みました。
 
只見駅到着
只見駅に到着するころにはすっかり暗くなっていましたが、帰りの車内でも話が盛り上がり
あっという間の3時間でした。

二日間天候にも恵まれ、無事に旅行を終えることが出来ました。
ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!
お座敷列車や町民号に興味を持たれた方、次回運行がある際はぜひお申し込みください。

これからも只見線復旧に向けて、いろいろな企画を考えていきますのでよろしくお願いします。